TEL:0743-77-9506

Seminarセミナー

労務管理関連、
働き方改革セミナーや、
フードディフェンスセミナーを
全国で開催しています。

セミナー概要

2013年12月に、群馬県の冷凍食品工場で契約社員が自社の製品に農薬を混入するという事件が発生しました。犯行の動機は、給与体系の見直し等、会社に対して不満を募らせていた末の「鬱憤ばらし」でした。
現在、食品業界では、フードディフェンス「食品防御」がクローズアップされていますが、内部犯行防止には一律に従業員を犯人扱いし監視を強化することは反感を買い逆効果です。
今こそ、企業の根幹である労務管理を見直し、信頼のある労使関係、納得感のある評価、従業員のモチベーションや満足度をアップして、「良い会社」にするべきです。
それが真の「フードディフェンス」にもつながります。

また、働き方改革で、法律等改正が先行していますが、重要なことは、いかに労使が結束して生産性を上げ、企業の競争力を担保するかということです。

結論として、適正な労務管理は、どのような時代、状況にあっても優先され取り組むべき課題であることは間違いありません。
特定社会保険労務士の立場から分かりやすく解説させて頂きます。

主な講演実績